「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

スタッフブログ

スタッフブログ

くちびるに歌を

本を買って、積んどく…。
そんなことが多い川添です。

ところで、先月N中学校に 地域講師として中学3年生を前に教壇に立ってから、
彼ら中学生を見る自分の目が少し変わっていることに最近気がつきました。

今までは、道行く中学生を見ても、特に気にすることもなく…自分とは別世界で生きている…。
そんな感じで思っていたのかもしれない。

しかし、直に彼らと接したことで自分もその年頃を生きてきたんだ!ということを思いおこさせてくれました。

本屋で平積みになった本を衝動買いすることは、よくあることですが、
中学生がテーマとなる本を手に取ったのは、きっとN中学校の彼らのことが、僕の胸のなかにあったからだと思います。

20120712.jpg

今日この本を読み終えたあと、笑顔のまま涙が流れる…それでいてすがすがしい気持ちにさせられる、
とってもいい本だったので、みなさんにも読んでほしくてブログに書きました。

(アンジェラアキの「手紙~拝啓~十五の君へ~」を用意してから読み始めると、さらに気持ちが入ります。)

中学生…(彼らの考えがわからない残念な事件が多いですが…)彼らを身近に感じると、
その頃の忘れかけていたことや、人生の先輩として声をかけてあげたくなることなど、
様々な思いが込み上げてくると思いますよ!

だって、僕ら大人もちょっと(?)前までは現役の中学生だったんだから…!

PAGE TO TOP