「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

逗子初の「ずし呑み?ちょい呑み?~大人の感謝祭~」

11/29・30 新逗子の商店街とネクスト10など「ずし呑み実行委員会」が
主催したイベントが行われました。
20131201160947-0001.jpg
20131201161004-0001.jpg
 
この夏に、商工会のイベントの前夜祭でビアガーデン」を実行したメンバーが、
逗子を盛上げようと初めて大掛かりなイベントを仕掛けました。
二日間にわたり市内の参加された36店のお店を中心に大賑わいになりました。
 
亀岡神社での屋台村には18店のお店が出店されていて、
30日は昼から夜まで大勢の人で込み合いました。
神社.jpg
 
屋台村に仲間がお店を構えたので、そこには僕自慢のスペアリブも出ました。
前日にみんなで500本のスペアリブを強風の中で仕込みをし、
全部が売り切れるかちょっと心配していましたが、大好評で
おかげさまで完売しました。
齋藤画像.jpg
また機会あれば作りますよ。
 
初めての企画だったのですが、多くの方に喜んでもらえて大成功でした。
中には「毎月やって欲しい!」という声もあったほどですが、
これだけの準備には、実は相当な時間と労力がいることで、嬉しいことですが毎月は無理ですね。
しかし、来年からは「ずし呑み?ちょい呑み?」を更にバージョンアップした企画にする計画はすでにあり、今回はその初回の前哨戦でした。
この企画をした若手のメンバーには心から賛辞をおくります。
 
私も商工会の役を仰せつかっていて、町の活性化には気を使っているところですが、
何より実行して、更にそれを進化させていこうと思っています。
今回の成功の要因は、商工会の中だけで考えず、
「市民の有志」を巻き込んで大きなうねりにしていったことがカギだったと思います。
これからのイベントは市民と共働のイベントでなくてはなりません。
足らないものを補い合いながら、暮しやすい町を一緒に創っていくことが大事と思います。
 
反省はあります。
初日のちょい呑みでほとんど食べずに呑みながら梯子したら、二日酔いになりました。
やはり食べて飲んで楽しくというのが基本ですね。
 
次回の企画にも ”乞うご期待”
若手の連中はやってくれますよ!!

過去の日記

PAGE TO TOP