「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

久々の親孝行

今年95歳になる秋田の母に孫・ひ孫の顔みせに行ってきました。
幸い施設に入院する訳でなく、兄夫婦が面倒を見てくれています。
耳もしっかりしていて元気にしていますが、さすがに足腰は衰えているので、姉さんの看護は相当に大変なことといつも感謝です。
こっちは顔を見せるのが仕事で、あとは行ったからにはと観光に出かけます。
 
大館には昔、銅山から鉱石を運ぶ汽車が走っていました。
今は廃線になっていて、そこで線路を自転車で走れるようになっていました。
レールバイク.jpg
結構楽しかったですよ。
大地の顔のキズはお父さんのせいで傷ついたのですが、ちょっとかわいそう。
 
前に行った時は5月の新緑でしたが、今回は紅葉を見せたくて10月末を選びました。
そこで兄が十和田湖の湖畔の宿をとってくれて、姪の家族と投宿しました。
夜の風呂.jpg
朝の風呂.jpg
露天風呂も開放的で、なんともいえぬいい気分でした。
 
翌日曜は紅葉狩りです。
まぁ~なんとどんぴしゃの時期に当りました。
奥入瀬はマイカー規制で、乗り入れ禁止で、まさに最高という願ってもない時でした。
奥入瀬1.jpg
奥入瀬2.jpg
何度も十和田湖には行ってますが、それぞれいつ行っても美しいなぁと感じるのはなぜでしょう。
 
帰りの時間もあったので、奥入瀬の全部の14キロの歩きは無理でしたが、半分くらいの奥入瀬歩きを堪能したところです。
家族.jpg
渓流の中にも滝があり、これまたきれいでした。

滝.jpg
紅葉も最高の時期に当たるのは本当に難しく、中々真っ盛りに行けるのはないのですが、今回はうまく行きました。
 
前回行ってから3年は経っているので、ひ孫もみな大きくなって母もびっくりしながら喜んでました。
まぁ年齢からして、いつ何時どうなるかも分からないことで、行ける時には顔を出さないととは思います。
日ごろはまめに電話するわけでもなく、便りがないのが元気の印なんて感じですが、少しでも親孝行しなきゃなと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

過去の日記

PAGE TO TOP