「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

逗子の名物 花火大会

すっかりブログも空白になってしまいました。
ちょっと訳あって現場にかかりっきりになっていて、ブログまで辿り着けなかったのでした。
 
さて今年は新社屋に移り、初めての企画をしました。
6/1は第56回の逗子花火大会でした。
逗子の花火大会は近年では湘南地域でも有名になり、今年も10万人を越える人たちが見物に来られました。
花火とは夏の風物詩でしょうが、あまりの来場者の多さに警察はビビッていて、明石の事故のこともあり、
海の家が建て始める前の6月はじめに開催するように去年から変わりました。
肌寒さはあるものの、海岸は砂浜にびっしり人が座り、安心して見物できるのはいいことと思います。
 
なぜ逗子の花火は盛大なのか?!
これは甘太郎やカンティーナの飲食を全国展開している「コロワイド」の創業者の社長の出身の町が逗子なのです。
その生家は旧本社の3軒隣り駅よりで、そんなことから花火には高額の寄付を出してもらってるからなのです。
名物は終了15分前からの「コロワイドタイム」では、何と7000発のうちの5000発が打ち上げられます。
これに多くの人が殺到するのです。
 
さて今回の初企画ではどうなるかも予想つかないので、恐る恐るお知らせしたら120名ものご参加をいただきました。
そこで一階の駐車場をメイン会場にしました。
20130608_01.JPG
 
会場では焼き鳥、おでん、焼きそば、サンドイッチなど、もちろん生ビールも用意してあり、縁日風景になっています。
お客様の子供さんも売り子になってくれてました。
20130608_02.JPG
 
会社から見える花火はこんな感じです。
20130608_03.JPG
 
でも電線にかかる花火はちょい残念です。
20130608_04.JPG
 
でも皆さんはこんな感じで見物していました。
20130608_05.JPG
 
3Fのベランダには皆さん真正面に上がる花火に歓声を上げています。
20130608_06.JPG
 
帰りの渋滞に巻き込まれず、トイレの心配もなく、皆さん楽しんでもらえたようです。
また来年も企画いたしますが、社員の皆さんに心から感謝いたします。
20130608_07.JPG
 
梅雨に入り、天気も心配しましたが、無事に終了してありがとうございました。

過去の日記

PAGE TO TOP