「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

すごい!!女性 ・・・アフリカ縦断自転車一人旅

逗子に在住の「山田(旧姓山崎) 美緒」さんの講演がありました。
31歳の方ですが、’04年に22歳で単独でケニア~南アフリカまでの5000kmを走破したのです。
その準備から完走、そしてその後のお話しでしたが、大変に興味深いものでした。
最後に一緒に写ってもらいました。
20130416_01.JPG
 
また興味深いのはこういう方の旦那さんってどんな人??って思うと、こんな方でした。
20130416_02.JPG
 
9年前の大阪外語大のスワヒリ語に進んでいて、一度旅行でアフリカは行ったことがあるようです。
そこで次は自転車で行こうとしたけど、100%の反対だったようです。
危険とか戦争とかを想像することを一つ一つ説得して実行に移したようです。
 
その前に自転車屋に1年半修行させてもらい、故障に対しての知識もマスターしたそうです。
説得の手始めに日本一周6000kmを企画し、3万円で済ませたようです。
何せ行動力がある。
日本の時も牛丼の吉野家の社長に手紙で直訴し、国内の吉野家は無償で応援をしてもらったようです。
 
その後にアフリカに渡り、ゴールからスタートまでを車で下見し、
ケニアからスタートして5ヶ月かけて5000kmを走り、無事に南アフリカの喜望峰にゴールしたのです。
20130416_03.JPG
 
道中では虫にさされてひどい状況になり、10日ほど入院をせざるを得ない状態になり、麻酔なしで手術も受けたとか。
20130416_04.JPG
並みの男でも耐えられないかもしれないことをやってのけたようです。
 
途中は丸坊主だったし、時には付け髭で変装しながらの旅だったとのこと。
でも町々では子供たちから大人までとても温かく迎えてくれたようで、とても楽しかったそうです。
20130416_05.JPG
 
話しを聞いていて、どうしてそういう思考回路になるのか、付いていけない感じですが、
世の中にはこういう行動力のある人もいるのです。
その後は西安~ウルムチの3000km、キューバ・バリ島の一周、ベトナム1900km、
台湾は一周を10回ほどやっているようです。
今は四国に「コグウェイ」という企画で、四国一周に世界から参加者が集まってくるそうです。
こんな人が地元のすぐそばにいるのですから、逗子って楽しいところですね。
 
一度「山田 美緒」でWebで検索してみてください。
20130416_06.JPG

過去の日記

PAGE TO TOP